ヘアカラーの種類をおさらいしよう!

ヘアカラーの種類をおさらいしよう!

ヘアスタイルを考えるとき、カラーリングにもこだわっている方は多いでしょう。

 

黒でクールに決めたり、茶系で明るくふんわりと見せたりと、
おしゃれの幅が広がる楽しい一時です。

 

さて、ヘアサロンでカラーを入れる際に色を注視すると思いますが、
そもそもヘアカラーにはどんな種類があるかを知っておくことも良いでしょう。

 

近年の美容室や美容院は、カラー剤にもこだわっているので、
昔のようにギシギシとなることはないでしょうが、
知識として仕入れておくと便利です。
では、早速いってみましょう。

 

●ブリーチ
ヘアカラーで良く聞くのがブリーチかもしれません。
こちらは、脱色のことです。
メラニン色素を分解することで、髪の毛の色素を抜いていきます。

 

色味を抜いてしまうために、元の色に戻ることはありません。
しかし、その後のケアを徹底的にしない場合、
バサバサになり枝毛も目立つ痛みが激しいヘアスタイルになってしまうので注意です。

 

●ヘアカラー
ヘアカラーも良く聞く方法ですね。
こちらは、メラニン色素で髪の毛に色を混ぜていくことです。
そのため、明る過ぎず、好きな感じにできるので人気です。
とはいえ、やはりダメージは強く、頭皮にもダメージが行くので注意してください。

 

●ヘアマニキュア
ヘアマニキュアは、その名の通り、
爪へのマニキュアと同様に色を上から塗っていくことです。
髪へのダメージが少なくて済みますが、色が入りにくかったり長期間持続は難しいようです。

 

これらのように、自分に合ったヘアカラーを調節してみましょう。

 

ヘアカラーについての相談ができる美容室はここです。